現在、新型コロナウイルスの感染拡大により緊急事態宣言が北海道でも発令され、全国的に外出自粛や営業自粛が行われています。経済への影響も大きく、飲食業・商業店舗においては来客数の激減という形で先行きの見えない状況に陥っています。また利用客側も自宅待機や在宅勤務における食事の準備や日用品の確保等の負担が大きく、この状況が長期化することへの不安が募っています。また、近年増えつつあるキッチンカーでの移動販売も、店舗型の飲食店同様、来客数の激減・出店場所の営業休止に伴い営業が厳しい状況化にあります。
そんな中、より感染リスクの少ない営業形態として、飲食業では店内飲食を避けるためのお弁当メニューの開発などが進みつつあり、これらをテイクアウトやデリバリーで利用客に提供するお店が増え始めています。
しかし、こうしたお店のテイクアウト等の動きは、外出自粛が叫ばれる中で周辺地域の利用客に全く伝わっていないのが現状です。
日本国内においては、他国に比べ、テイクアウト等で食事をする文化が浸透しておりません。この様な、国民習慣の違いからもテイクアウトの利用客の低迷・定着減少があると考えております。しかし、国内においては、ドライブスルーで購入出来るファーストフード店やお弁当屋等には、現在数多くのお客様が来店し、商品を購入しております。私達は、他県に比べマイカー所有率が多い北海道の現状に注目し、現在政府や自治体が呼びかけている三つの「密」三密を徹底し、安全かつ様々な食事をお客様にご提供できないか検討して参りました。そこで、私達は、様々な食事を移動販売で提供しているキッチンカーに注目し、(換気の悪い密閉空間)を避け、自然がたくさん残る円山地区に新規オープンする「CAFE De CLAMP」様の大型駐車スペースにキッチンカーを出店させ、(多数が集まる密集場所)お客様は、車の中でメニューをご覧頂き、お好きなキッチンカーの商品を注文し、お車の中で待機(間近で会話や発声をする密接場面)マスク&手袋着用のスタッフが、商品をお車へお届けするならば、三密を避け安全かつ様々な食事を提供出来ると考え、「屋台ビレッジ札幌」をスタートする運びとなりました。
屋台ビレッジ札幌は、スーパーマーケット等での三密を回避し、気軽に立ち寄れるフードビレッジを目指し、沢山のお客様にご利用頂きたいと思っております。また、お客様のご要望を聞き、様々な飽きのこない販売車出店を展開して行きたいとも考えております。

屋台ビレッジ札幌

「CAFE De CLAMP」様の駐車場内が、屋台ビレッジ札幌のベース基地です。日替わりでキッチンカーが野外販売を行っております。

CAFE De CLAMP

札幌円山西町におしゃれなハワイアンスタイルのCAFE「CAFE De CLAMP」が遂に、4月29日よりプレオープン開始。